万事急須ブログ
みんなが気になることは僕も気になる
Menu

美人の仕上げは花の香水 2017年3月19日

セクシーな香りの香水と言われれば、アンバーやムスク系の香水が多いのかもしれませんが、私にとって魅力的な凄い美人の仕上げは花の香りのイメージが強いです。
その理由は、なんと幼少の頃に見た記憶がうっすらある、アニメ「はじめ人間ギャートルズ」でした。

そのある回で、芸術家の様な風貌の原始人の登場人物が、次々とコキタナイ髪ボーボで汚れきった女性をどこからともなく捜して来ては、
凄い美人にしていくのです。
芸術家の先生は、あたりを歩くちょっとこぎれいな可愛めの女の人には目もくれず、毎回凄く乞食のように汚い人を連れてくるのです。

まず滝に連れて行って水に打たせて清潔にすると意外に色白なことがわかります。
次は髪を整え花を飾り、きれいな柄の毛皮を着せ、メイクをすると、驚くほど凄い美人になるのでした。
最後は花を潰して何やらか足した香水を造り、シュッシュッと吹きかけて、絵のモデルか何かのようなポーズをとらせて完成です。
すると大勢の男どもが花束や贈り物を手に求愛に集まる…という事の繰り返しでした。

芸術家の先生の見る目の確かさについてのギャグでしたが、幼少の頃の私にとって印象深かったのは、仕上げの花の香水でもありました。
とにかく掘り出し物の魅力的な美人は、最後の仕上げで花の良い香りをつけることが、この話によってすりこまれたのでした。
以来、大人になっても香水で好きな香りは、シングルフローラル系の香りやフローラルブーケです。

 

魅力の香水モレキュールもおすすめです。

カテゴリー 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です