万事急須ブログ
みんなが気になることは僕も気になる
Menu

主人のいびきがなくなりました。 2017年3月19日

栃木県にある主人の実家に住んでいます。
8歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。

私の主人は、5歳年上です。
主人は、今年の1月、扁桃腺と喉チンコの切除で入院しました。
扁桃腺を切除した理由は、扁桃腺がよく腫れて、熱をだすからでした。
当初は、扁桃腺だけを切除してもらう予定でした。
しかし、主人は、若いころから、いびきがとてもうるさかったので、いびきの原因の一つとなっている喉チンコも切除してもらうことにしました。
主人は、いびきをかいて寝ている間、時々、呼吸がとまることがありました。
無呼吸症候群とまではいかないのですが、その手前の段階のような状態でした。
無呼吸症候群は、寿命が10年縮まるといわれています。
主人は、手術前、自分のいびきを寝ている間にハンディカムビデオをセットして撮っていました。
撮ったビデオをチェックしては、自分のいびきの大きさに驚いていました。
ただ、いびきに関しましては、喉チンコを切除すれば、完全にいびきがなくなるわけではないらしいのです。
主人は、無事に扁桃腺と喉チンコを切除する手術が終わり、退院してきました。
退院をしてから、不思議なことに、主人のいびきはなくなりました。
主人のいびきは、隣の部屋に寝ていても聞こえてくるほど大きかったのです。
しかし、大きいどころか、いびきの音が全くなくなったのです。
また、主人は、喉チンコを切除してから、夜中に目がさめることがなくなったそうです。
主人は、朝起きても体調がよくて、さわやかだと言っていました。
扁桃腺と喉チンコの手術により、主人は、いびきがなくなり健康になりました。

いびき 枕で改善しよう!

カテゴリー 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です